小規模多機能ホーム 玉北ひかりの里

tamakitahikarinosato.jpg

 

地域包括ケアシステムの実現に向けて

厚生労働省では、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう医療、介護、予防、住まい、生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

hkks.jpg